2020年02月07日

別れると言っておきながらズルズルと…【#283】

鈴木は「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました」と釈明。「しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後ご迷惑をおかけすることのないよう慎みます」と心境をつづった。



この浮気パターンもよくありますね。
婚姻が破綻しているということで、離婚する前に他の相手とお付き合いしてしまうことの原因は、情報不足であることが多い。
少ない情報量で思い込みをしてしまうケースですね。
過去の判例やウェブサイトの情報を鵜呑みにし過ぎてしまうということも問題ですし、別れると言っておきながら、別れないという男性側のいわゆる魂胆≠ナあることも問題です。
後者はともかくとして、
過去の判例が自分に当てはまるかどうかは誰にもわからないのです。
判例というのはその時の時代背景もさることながら、弁護士の力量も関係してきますので、長期間別居をしているからといって必ずしも婚姻関係が破綻しているとはみなされないこともあるということを理解しておいた方が良いです。



posted by あかつき探偵事務所 at 14:38 | 探偵関連の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする