2021年10月16日

また守られなかった置き配指定【#345】

amazonの置き配サービスは便利で良いですよね、配達場所を指示できるのですから。

しかし、運が悪いのか何なのかわかりませんが、amazonの置き配について、何度も守られていない事があって、その度にカスタマーに問い合わせするけれど、申し訳ございませんの一点張り。
そして何度も繰り返すという。

今回は、アドレス帳からの設定で『常に宅配ボックス』指定にしていたにも関わらず、チャイムが鳴り手渡し配達だった為、amazonのアドレス帳から置き配指示画面をドライバーに見せる。
しかし、ドライバーの端末上では手渡しになっているようで、そこからカスタマーとのやり取りになるわけですが、置き配指定が何らかのシステムエラーの為、反映されていません申し訳ありませんとの回答。

カスタマーの方では、こちらが注文をしないと置き配の設定が見えないとの事なので、あらためてアドレス帳から置き配設定の保存ボタンを連打、そして適当な物をamazonで購入し、またカスタマーに問い合わせると、今度はちゃんと宅配ボックスの指示になっていますとの回答。
何だコレ⁉︎、一回の設定では反映されない仕組みなのかと心の中では不満が残る中、問い合わせ終了。


誰かが言っていたけど、経営者としての能力のひとつに『人を許す事』というものがあって、どれだけ自分が納得のいかない事があっても、それをひたすら詰めるんじゃなくて、許容する能力を磨きなさい。と

逃げ道を無くして詰めて詰めて追い込んでしまう私というのは、まだまだ未熟者だという事を再認識するとともに、今後の人生のテーマだなと感じました。


コンタクトを作りに眼科に行ったら、また右目だけ視力が低下してました。
どんどん悪くなるなぁ…

466D9A9D-AF08-40D3-B1AE-9583CAE2C56D.jpg

オリーブやシマトネリコの葉を食べるこの時期厄介なスズメガの幼虫。
コイツの擬態化ですら見えないから、結構葉っぱが食われたみたい。

これでも探偵として普通にやってるので、対象者を見つける能力に、視力というツールはそこまで絶対的に必要なモノではないというのがわかりますね。



posted by あかつき探偵事務所 at 10:51 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする