2021年03月20日

シングルシートのカスタム【#329】

LINE 各地で続々行政サービス停止って今更かよ!情報の漏洩って結構前からあるし!
LINEどころかネットワークカメラの映像だって中華系のサーバーで管理されてるもの多いからね。

『えー!情報漏れてたんだー、これからLINE使うの辞めますー!』って今更アホかって思うよ。
犯罪に使用する場合、個人情報を得てからが難しいわけで、個人情報を得るくらい簡単な事なことだし、日常的にある事だし…
どんだけ平和ボケだよって話で、探偵さんとしては呆れましたね。
守られてると思ってたんだ〜っていう

バイクのカスタムでよく見かけるカフェレーサースタイルをシングルシートにして、オフロードタイヤ履かせてさ、フェンダーをカットしちゃうカスタムって、カッコいいのかしら?
結構見るのよね。このスタイル↓

916E2953-7513-4A90-A043-D21FF281183F.jpg

荒くれ者っぽくて好きだけどさ…
この感じだと、ハンドルも下げなくても良さそうな気がして、ウチのバイクも、またオリジナルののハンドルに戻そうかしら…

702EB586-F6B8-461B-B9D6-A9386EEAD2ED.jpg

駐車場の車が入り口に詰まっちゃって、バイクを出せないけど、もう暖かくなってきたからバイク乗りたいんだよね。

3E6B3747-56AC-4AD3-B5C7-0CE575EE684C.jpg

まぁ、その…個人情報漏洩くらいで、ごちゃごちゃ言うなって話



posted by あかつき探偵事務所 at 02:08 | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

礼儀正しくあるべき【#328】

Apple Streの裏マニュアルのリーク情報。
嘘かホントか、礼儀正しい顧客には無料で修理するとかしないとか…

これは、ある​と思う。

大手だからとか関係なく、中小企業でも個人事業でも、礼儀正しい顧客には何かやってあげたいと思ってしまうのは当たり前の気持ち。
声を荒げやかましく言いよってくるようなバカとか、屁理屈で何とか食い下がろうとしてくるようなアホには、何もやってあげようとは思わない。
そういう人は、過去に怒鳴ったりして物事がうまくいったことのある人間が多く、それが誰にでもいつまでも通用すると勘違いしている。

自分の肌感覚だが、今の時代オラついてうまく物事進む事なんてほぼなくて、むしろ不利になることの方が多いと思うんだけど…
怒鳴ってる人は、基本的に見せ物になってネットで拡散されて笑い物になるだけだし

マンションの管理にしても、前に変なことでクレームを言ってきた入居者には、今回は常識的な問い合わせでも、心のどこかでまともに対応していない自分がいたりするし、人間ってそんなもんだし。

36364430-7692-45AC-8D16-1BF4748DEF86.jpg


posted by あかつき探偵事務所 at 16:16 | マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月18日

節制とは我慢する事ではなく何かを得る事である【#327】

毎回通るたびに思うけど、原宿警察署の前の建物カッコいいなぁ〜

9901A7F4-B6BA-496F-B345-D8B4AB9B6152.png

60E1DB14-FFF1-4615-A660-64A88303363F.jpg

A9E24948-294E-4D63-91AB-5DD19DE648F3.png


何やらヨーロッパの昔の哲学者の話で4つの『枢要徳』が興味深い


https://president.jp/articles/-/43985

1A8C7F50-EF1D-4A91-8353-3FDBCE8EA813.jpg


この全ての項目は、調査員にとって大事なものばかり。

ここでは『勇気』とされ、困難な悪に立ち向かう力とあるが、一般的にわかりやすい表現として『正義感』とすると、まず何が『悪』なのかを出来るだけ早いスピードで判断しなくてはならない。

そもそも『感情』で仕事をすべきじゃないという考えもありますが、私はそうは思わないし、感情を導入すると冷静な判断ができないという考え方自体が、低レベルな発想だと考えます。

なぜ、探偵は『悪』を判断しなくてはならないかというと、我々の持っている『個人情報を得る力』は使い方によっては個人を破滅の道に追い込んでしまう可能性を大いに秘めているからです。

一般人では、逆立ちしても得られないレベルの情報を素早く得ることができるから、我々はプロとして飯が食えてるのです。


必ずしも『依頼者』が『善』とは限らない。まず疑うべきは依頼者からというのが探偵界の常識。

そして、枢要徳の4番目『節制』。

欲望に負けないということ。

依頼者側が『悪』だった場合の特徴として、内容が好条件だったり、かなり多めに費用を支払ったりと、通常の調査依頼ではあり得ないくらい、こちら側に対して条件が良いことが多い。やたら人柄が良かったりとか…

これは、成熟度の低い起業したての若者にもいえますけど、『いい太客に出会えた』って勘違いしちゃうんですね。

調子に乗って、停止、廃業に追い込まれた人間を見てきましたが、そのほとんどが『節制』できてうないという特徴があります。

節制は抑え込むものではなく、『何かを得る事』として考え方の変換をできる者が生き残っていくのでしょうかね。



posted by あかつき探偵事務所 at 13:41 | 探偵関連の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする